[能動的に遮へいした7 TのMR[磁気共鳴]内での検査中に経験する短期的影響] med./bio.

Short-term effects experienced during examinations in an actively shielded 7 T MR.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2019; 40 (4): 234-249

この研究は、能動的に遮へいした(AS)7 Tの磁気共鳴(MR)スキャナ内で被験者が経験する短期的影響の発生及び強さを評価し、その結果を受動的に遮へいした(PS)7 T MRスキャナについての先行研究での報告と比較し、患者コンプライアンスの改善のための可能性のあるヘルスケア戦略を概観した。被験者(n = 124)がAS 7 T MR内での検査の直後にウェブベースのアンケートに記入した(検査を受けたのはn = 154)。最も頻繁に経験された短期的影響は、めまい(84%)、特に磁石の内または外への動作時の一貫性のない動き(70%)であった。被験者の67%が末梢神経刺激PNS)のけいれんを経験し、痙攣の強度と記録されたPNS予測値との間に依存性が認められた。74%が受容可能なノイズレベルを経験し、大多数が体温及び室温を快適と感じた。95%が十分に情報を与えられていると感じ、検査前にスタッフとの良好な接触があると感じた。将来7 Tの検査を受ける意思は高かった(> 90%)、と著者らは報告している。

ばく露