研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文 (治療に関する研究)

[スウェーデンのヘルスケアにおける非電離放射線‐ばく露及び安全面] review

Non-Ionizing Radiation in Swedish Health Care - Exposure and Safety Aspects.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2019; 16 (7): E1186

この研究は、スウェーデンのヘルスケアにおける電磁界や光放射等の非電離放射線NIR)の利用法を同定・記述し、予想されるばく露レベルを調べ、あるかも知れない健康ハザードを同定することで、この分野における知識の欠落を認識することを目的としている。その結果、NIRは主に、診断及び治療目的で用いられていることがわかった。急性影響が排除できないものとして、磁気共鳴画像撮影(MRI)、経頭蓋磁気刺激TMS)、電気外科手術が同定された。治療または外科手技用にクラス3及び4のレーザー等の光放射紫外線を用いる場合、不意の火傷、光反応、紅斑等の急性影響、ならびに眼への影響を避ける必要があること、また、MRIの長期的影響、ならびに異なるNIRばく露の組合せについて、更なる知識が必要であることを、著者らは指摘している。リスクと安全策についてのヘルスケア専門家の知識を改善することが望ましく、また、信頼できるソースからの明確な、エビデンスベースの情報が必要である、と著者らは結論付けている。

ばく露