[超低周波電界による形態変化] med./bio.

Morphological Changes Induced By Extremely Low-Frequency Electric Fields.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2019; 40 (6): 375-390

この研究は、鳥類の赤血球に対する電界形態学的影響を調べた。形態変化には円形化と細胞質透明性を含めた。その結果、影響は非熱的であることが示された。慎重な画像撮影及び画像分析を実施し、影響の程度が周波数依存的であり、また温度が高いほど変換率が高いことが示された。更に、この形態変化の根底にある作用機序をより理解するため、分化仮説を調べ、ヘモグロビンの蛍光顕微鏡分析を含む鳥類の赤血球の検査、及びヒト臍帯血、間葉幹細胞骨髄間葉幹細胞の検査、特定のマーカーの発現及びカルシウム染色に対するフローサイトメトリ分析を含めて実施した。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露