研究のタイプ: サーベイ

[携帯電話とその他の人工的な電磁界によるDNA損傷の比較] review

Comparing DNA damage induced by mobile telephony and other types of man-made electromagnetic fields.

掲載誌: Mutation Research - Reviews in Mutation Research 2019; 781: 53-62

この論文は、2006-2016年までの著者ら自身による研究の結果をレビューし、同一の条件及び手順の下で実施した、キイロショウジョウバエの卵形成に対する6種類の電磁界によるDNA断片化を比較している。その結果、携帯電話電磁界は、電力線から発せられるものと同等かそれよりも強い50 Hz交流磁界、または妊孕性を高めることが以前に認められているパルス電界よりも、遥かに強く損傷を与えること;携帯電話電磁界は他の電磁界よりばく露時間が大幅に短くても、有意に強い生体活性を呈すること;ある種の化学物質、飢餓、脱水等、これまでに調べられた細胞毒性因子よりも強く損傷を与えることが示された、と著者らは述べている。また、生体活性における実際の携帯電話電磁界の個々のパラメータ(強度、周波数、ばく露時間、偏波、パルス化、変調等)の役割について論じている。

影響評価項目

ばく露