研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[花粉媒介者に対する人工的な電磁放射からのリスク:証拠及び知識の欠落] review

Risk to pollinators from anthropogenic electro-magnetic radiation (EMR): Evidence and knowledge gaps.

掲載誌: Sci Total Environ 2019; 695: 133833

この研究は、人工的な夜間光及び無線周波電磁放射が、花粉媒介者に対する脅威であるかどうかを調べた。その結果、高品質の科学的研究がないため、花粉媒介者に対する人工的な電磁放射からのリスクについての知識は決定的ではなく、未解決で、部分的にしか確立されていない;また、ミツバチ及びその他の生態系における無脊椎動物電磁放射を検出することができ、それを方向付けや渡りに利用していることを示す実験からの証拠が若干あるが、人工的な電磁放射が生態系での昆虫の行動に影響するという証拠は提示していない、と著者らは述べている。

影響評価項目

ばく露