[亜熱的な無線周波にばく露したラットでのイン・ビボ実験モデル研究のヒトの健康に対する潜在的影響の検証:電磁的汚染と環境粒子との相互作用によって生じるかも知れない健康リスク] med./bio.

Validation of Potential Effects on Human Health of in Vivo Experimental Models Studied in Rats Exposed to Sub-Thermal Radiofrequency. Possible Health Risks Due to the Interaction of Electromagnetic Pollution and Environmental Particles.

掲載誌: IEEE Access 2019; 7: 79186 - 79198

この研究は、Sprague-Dawleyラット(雌雄各250匹)を、ストレスのないばく露装置内で、900 MHzの定在波、2.45 GHzの進行波、または900 MHzと2.45 GHzの2つの進行波に非熱レベルでばく露し、脳組織神経毒性形態学的兆候を調べた。その結果、2.45 GHz放射ばく露したラット甲状腺及び胸腺に、目に見える形態学的及び免疫影響が認められた。大脳皮質小脳またはその両方における細胞ストレスは、2つの周波数の相加作用よりも、信号の種類に関連していた。著者らは、電磁汚染についての今後のモデルに関連した仮説を幾つか提唱し、電磁放射と環境中の化学粒子が複合する都市環境では、皮質の興奮性、炎症反応、細胞損傷が改変されるかも知れない、と主張している。

ばく露