[RF電磁界発生源への居住環境ばく露のマッピングのための統合プラットフォームの設計] tech./dosim.

Design of an Integrated Platform for Mapping Residential Exposure to Rf-Emf Sources.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2020; 17 (15): E5339

この研究は、人口集団の無線周波RF電磁界ばく露の評価およびマッピングのための統計学的ツールをデザインした。このツールは、地理的データベースと、屋外の発生源、屋内の発生源および携帯電話からの空間時間的ばく露を特徴付けるための代用モデルを統合したものである。このツールの機能性を例示するため、パリの14区を網羅する100×100 mのグリッドについてケーススタディを実施したところ、全身の比吸収率SAR)は脳全体のSARの2.7倍であった。全身および脳全体のSARのマッピングでは、市街地の方が非市街地よりも高いことが明確に示された。全身および脳全体のSARの最大値はそれぞれ3.5および3.9 mW/kgを超えることはなく、国際非電離放射線防護委員会ICNIRP)の推奨値よりも大幅に低かった。人口集団のばく露に対する主な寄与因子は屋内発生源で、次いで屋外発生源、携帯電話で、携帯電話は一般的にばく露全体の1%未満であった、と著者らは報告している。

ばく露