[Wi-Fiからの無線周波電磁放射とヒトの健康、特に子供と青年への影響:レビュー] basics

Radiofrequency electromagnetic radiation from Wi-fi and its effects on human health, in particular children and adolescents. Review.

掲載誌: Rocz Panstw Zakl Hig 2020; 71 (3): 251-259

この論文は、Wi-Fiデバイスからの無線周波RF電磁界の影響に関する研究について、以下のようにレビューしている。Wi-Fiについての大半の研究は、デバイスの電力が高く(平均値ではなくピーク値)、動作中のデバイスから測定点までの距離が近いという、あまり好ましくない条件、または悪条件で実施されている。これまでに実施されてきた研究では、ポーランドおよび国際的な法的規制に盛り込まれたRF電磁界の許容値の超過は示されていない。ヒトの健康に対する携帯電話のインパクトに関する研究と同様に、Wi-Fiばく露に着目したこれまでの研究では、ヒトの健康に対する悪影響(発がん性を含む)がある可能性について、決定的な答えは得られていない。ワイヤレスネットワークが継続的に発展していることから、この論点についての更なる研究が必要である。更に、Wi-Fiを用いたデバイスは、電磁界ばく露される期間が成人よりも長い子どもや若年者において人気が高いことから、これらの人口集団を継続的に観察し、慎重な分析の対象とすることが必要である、と著者らは述べている。

ばく露