研究のタイプ: 疫学研究

[ブラジルの[パラグアイおよびアルゼンチンとの]三か国国境における胃壁破裂の高い有病率:社会環境空間分析] epidem.

High prevalence of gastroschisis in Brazilian triple side border: A socioenvironmental spatial analysis.

掲載誌: PLoS One 2021; 16 (2): e0247863

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ:

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 distance between centroid of the census sector and power line: ≥ 850 m
集団 2 distance between centroid of the census sector and power line: < 850 m

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 26,182
統計学的分析方法:

研究助成

関連論文