[第5世代移動通信ネットワークにおける個人のRF電磁界ばく露測定研究のためのプロトコル] tech./dosim.

Protocol for personal RF-EMF exposure measurement studies in 5th generation telecommunication networks.

掲載誌: Environ Health 2021; 20 (1): 36

ワイヤレス通信ネットワークからの無線周波RF電磁界への一般公衆のばく露を評価する手法が先行研究で開発されているが、第5世代移動通信(5G)及びその他のアダプティブアンテナを用いるワイヤレス技術では、接続するユーザーをアクティブにフォーカスするため、RF電磁界の空間的・時間的変動が大きく、測定の不確かさを増加させるので、これらの手法は厳密なばく露評価には不十分であった。この研究は、5G技術に適応した将来の個人ばく露研究のための、ユーザー自身のデバイスとネットワーク基地局の両方からのばく露の評価を含む、一般的なプロトコルを開発することを目的とした。この研究では、RF電磁界センサーを参加者のモバイルデバイスに固定した。測定された電力密度、GPSデータ、動作センサー及び近接度センサーに基づき、異なる活動をクラスター化し、それぞれの活動中のばく露を評価した。微小環境測定では、訓練を受けた研究者が事前に定義した微小環境で、RF電磁界センサーを実装したモバイルデバイスを用いて測定を実施した。モバイルデバイスは一連のデータ送信シナリオ(異なる量のアップリンクおよびダウンリンクのデータ送信)を反復するようにプログラムした。シミュレーションに基づき、ユーザーデバイスが人体に対して特定の位置にある時の身体内に誘導されるばく露の量を評価することができた、と著者らは報告している。

ばく露