[自然老化中の出芽酵母のパルス化磁界へのばく露はゲノムDNA損傷を生じ得る] temp.

Exposure of S. cerevisiae to pulsed magnetic field during chronological aging could induce genomic DNA damage.

掲載誌: Int J Environ Health Res 2021: 1-12 [in press]

この研究は、自然老化中の出芽酵母パルス磁界へのばく露によるDNA損傷を調べた。細胞が自然老化中のサンプルを25 Hzのパルス磁界(1.5 mT、8時間/日)にばく露した。クローン原性落下試験を用いて細胞の生存率を調べ、自発的な復帰変異体をスコア付けすることで突然変異発生頻度を評価した。老化後に電気泳動胞および画像解析でDNA損傷分析を実施した。40日間のばく露中に老化した酵母細胞では、パルス磁界が早期老化を生じることが示された。また、パルス磁界ばく露したサンプルでは自発突然変異が徐々に増加した。ばく露終了時にはDNA分解の増加も見られた。自然老化中の出芽酵母パルス磁界へのばく露ゲノムDNA損傷を生じ得る、と著者らは結論付けている。

ばく露