研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[超低周波磁界にばく露した各種の細胞のエピジェネティックな調節不全] review

Epigenetic dysregulation in various types of cells exposed to extremely low-frequency magnetic fields.

掲載誌: Cell Tissue Res 2021 [in press]

エピジェネティック[後成的]なメカニズムは、DNA配列を変化させることなく遺伝子発現を調節し、細胞型ごとの時間的および空間的な発現パターンを確立する。がん神経変性疾患を含む幾つかの病理学的条件で、エピジェネティックな指標の変化が認められている。各種の環境要因がエピジェネティックな変化を生じ、結果的に疾病のリスクに影響力を及ぼすかもしれないことを示す証拠が現れている。このレビュー論文は、超低周波(ELF)磁界ばく露と、各種の細胞型でのエピジェネティックな変化との関連についての現在の知識を要約している。論文の数は少ないものの、入手可能な証拠は、ELF磁界ばく露がDNAのメチル化ヒストンおよびマイクロRNA発現の改変といった、エピジェネティックな変化と関連しているかもしれないことを示しており、観察されている現象の根底にある分子メカニズムの調査のための更なる研究が必要である、と著者らは述べている。

ばく露