[健康なマウスおよび担がんマウスの高出力電磁波ばく露:マウスの成長、行動、腫瘍成長、血管透過性への影響の評価] med./bio.

High Power Electromagnetic Waves Exposure of Healthy and Tumor Bearing Mice: Assessment of Effects on Mice Growth, Behavior, Tumor Growth, and Vessel Permeabilization.

掲載誌: Int J Mol Sci 2021; 22 (16): 8516

この研究は、健康なマウスおよび担がんマウスに対する、1.5 GHz狭帯域(振幅ピーク値40 kV/m)および150 MHz高帯域(振幅ピーク値200 kV/m)の高出力電磁波の生物学的影響を調べた。その結果、どちらの電磁波へのばく露も、健康なマウスまたは担がんマウスの成長を変化させず、皮膚腫瘍の成長にもインパクトを及ぼさなかった。狭帯域信号へのばく露の際には、マウスに顕著な行動の変化は認められなかったが、高帯域信号へのばく露の場合、マウスは大音量騒音への反応に類似した行動ばく露の前にはケージを探索していたが、ばく露の際にはマウス同士で集まった)を生じた。更に、血管透過性に対する高帯域信号(振幅47.5 kV/m)の影響をリアルタイムで調べた予備的研究の結果、血管透過性の上昇は認められなかった、と著者らは報告している。

ばく露