研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒト羊膜細胞の増殖の促進に対するフタル酸ジエチルヘキシルおよび50 Hz磁界への共ばく露の複合的影響] med./bio.

Combined effect of co-exposure to di (2-ethylhexyl) phthalates and 50-Hz magnetic-fields on promoting human amniotic cells proliferation.

掲載誌: Ecotoxicol Environ Saf 2021; 224: 112704 [in press]

フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)と超低周波(ELF)電磁界は身のまわりに広く存在する。DEHPとELF電磁界は負の生体影響と関連する細胞増殖促進し得ることが研究で報告されている。この研究は、DEHPと50 Hz磁界との複合的影響があるかどうかを、ヒト羊膜細胞で調べた。その結果、低用量(1 μM)のDEHPは、羊膜細胞の増殖促進したが、高用量のDEHP(100 μM)は増殖を阻害した。羊膜細胞を50 Hz、0.2 mTの磁界と0.1 μMのDEHPで処理したところ、単独ばく露と比較して、増殖率が有意に上昇した。加えて、閾値以下の磁界およびDEHPへの共ばく露は、プロテインキナーゼB(Akt)、スフィンゴシンキナーゼ1(SphK1)および細胞シグナル調節キナーゼ(ERK)をカスケード方式で協調的に活性化させることができ、最終的に細胞増殖を仲介した。これらの知見は、閾値以下の磁界およびDEHPへの共ばく露は、増殖関連のシグナル伝達経路の活性化を通じて細胞増殖促進し得ることを示しており、閾値以下のレベルの磁界とDEHPへの共ばく露の根底にある健康ハザードの評価について注意を払うことが望ましいと警告している、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 1 h or 24 h

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 1 h or 24 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 each chamber consisted of a set of square Helmholtz coils (20×20 cm2) which was placed inside a 25×25×25 cm3 metal box; chambers could be set randomly as “magnetic field exposure” and “sham exposure”; cell plates or dishes were put in the center of the coils
ばく露装置の詳細 the exposure system was composed of two exposure chambers which were put in a CO2 incubator, and a set of control devices outside the incubator; to remove heat produced by the current in the coils from the exposure chambers, an air cooling system based on two fans has been installed per coil; a fan on the metal wall ensured that the air and temperature were uniform inside the chamber and incubator; the temperature of the magnetic field and sham exposure groups was recorded real time and difference between them did not exceed 0.1 °C during the experiment
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.2 mT - - - -
磁束密度 0.4 mT - - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:

研究助成

関連論文