[短期的な超低周波電磁界はCa2+/カルシニューリン経路を通じてラットの海馬でのシャファー側技‐CA1シナプスのシナプス可塑性を阻害する] med./bio.

Short-Term Extremely Low-Frequency Electromagnetic Field Inhibits Synaptic Plasticity of Schaffer Collateral-CA1 Synapses in Rat Hippocampus via the Ca2+/Calcineurin Pathway.

掲載誌: ACS Chem Neurosci 2021 [in press]

この研究は、超低周波(ELF)電磁界ラット海馬のシャファー側技‐CA1(SC-CA1)領域のニューロンに影響力を及ぼす固有のメカニズムを、電気生理学的技術を用いて調べた。ELF電磁界には、長期増強を弱め、長期抑制を強めるという、シナプス可塑性に対して興味深い影響がある。カルシウムイオン(CA2+)/カルシニューリン経路における重要な構成要素である電位依存性カルシウムチャネルおよびカルシニューリンを、塩化カドミウムおよびシクロスポリンAで阻害すると、このELF電磁界の影響が消失した。このことは、シナプス可塑性に対するELF電磁界の影響にはCA2+/カルシニューリン経路が介在することを明確にするものであり、学習および記憶に対してELF電磁界が作用する特定のメカニズムを調べるための新たな技術であることを示している、と著者らは結論付けている。

ばく露