[イタリアのパレルモの都市部における出産学級に参加した妊婦のスマートフォン使用についての横断研究:Stop-Phone研究] tech./dosim.

A cross-sectional study on smartphone uses among pregnant women attending childbirth classes in the Metropolitan Area of Palermo, Italy: The Stop-Phone study

掲載誌: Ann Ig 2022 [in press]

この研究は、妊婦におけるスマートフォンの依存症の蔓延および使用の特性評価を調べた。横断研究を実施し、参加者が出産学級中にアンケートに回答した。アンケート回答後に、正確で自覚的なスマートフォン使用の促進に焦点を絞った心理学者と心理療法士による教育的介入を実施した。その結果、有意な人数の参加者が携帯電話の依存症に苦しんでいたが、それを自覚していなかった。2/3以上(67.2%)は妊娠後も携帯電話の使用習慣を変えず、将来の母親のほぼ全員(98.3%)は妊娠中のスマートフォン使用について医師に一切話していなかった。収集したデータからは、このトピック、特に妊娠との関連についての注意が欠けていることが示唆された。将来の母親をこのトピックに対して敏感にする必要がある、と著者らは結論付けている。

ばく露