研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの血液脳関門の透過性はNMRばく露によって有意な変化はみられない] med./bio.

Permeability of the blood-brain barrier of the rat is not significantly altered by NMR exposure.

掲載誌: Ann N Y Acad Sci 1992; 649: 345-349

この研究は、ラット血液脳関門BBB)に対するNMR磁界ばく露の影響を調べた。このような影響に関しては、ポジティブおよびネガティブな結果がそれぞれ数件報告されているが、この研究ではそれら先行研究で採用された実験手法を吟味して、実験デザインを決定したと述べている。すなわち、実験には、SDラットを用い、音響ばく露を対照とし、ウシ血清アルブミンをBBB透過性マーカとし、NMR磁界ばく露の直後に脳のin situ灌流を行った。麻酔には、脳血流への影響を考慮して、ケタミンを用いた。その結果、2.35 TのNMR磁界ラットのBBB透過性に何も変化を起こさないことが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of NMR exposure on the permeability of the blood-brain barrier in rats.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 100 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 30 or 120 min

ばく露1

主たる特性
周波数 100 MHz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 30 or 120 min
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • magnet 40 cm bore; 2.35-T Bruker imaging spectrometer
チャンバの詳細 Lucite restaining tubes
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT peak - - -
磁束密度 64 µT mean - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The findings of this study support the conclusion that 2.35 T NMR exposure is not capable to alter the permeability of the blood-brain barrier in rat.

研究の種別:

研究助成