研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ハイパサーミア後の若齢および老齢の食物制限ラットのCNSにおけるHsp70の限局的分布] med./bio.

Regional distribution of Hsp70 in the CNS of young and old food-restricted rats following hyperthermia.

掲載誌: Brain Res Bull 2001; 55 (3): 367-374

この研究は、熱ストレスに応答して熱ショックタンパク質Hsp70)を生成する脳の能力に対する加齢の影響を調べた。実験では、高出力マイクロ波(HPM、2.06 GHz、2.2 W / cm2)を使用して、非常に短時間のうちにハイパサーミアを誘発し、体温調節因子が交絡変数として働くのを排除した。HPMばく露により、無麻酔の若齢(6ヶ月)および老齢(25ヶ月)のオスの食物制限されたSprague-Dawleyラットの鼓室温度(T(ty))を、30秒以内に平均ピーク値で42.2℃にした。どちらの年齢のラットでも、ばく露後6分以内に、T(ty)は< 40.0℃に戻った。ばく露の6時間後または12時間後にラットを屠殺し、脳の10領域におけるHsp70蓄積を免疫組織化学的に測定した。その結果、HPMばく露により、10領域のうち7領域でHsp70の有意な増加が生じた;HPMばく露の6時間後の若齢ラットと老齢ラットの間に、Hsp70蓄積のパターンまたは密度に有意差は観察されなかったが、例外として、老齢ラットの内側前庭核で有意に高いHsp70蓄積が見られた;24時間後の両群間にはさまざまな有意差が見られた(若齢の方が高い領域、低い領域、両群が同等など)が、一般的な傾向性はなかった;得られた知見を総合すると、老齢の食物制限を受けたラットの脳は、熱ストレスに応答したHsp70蓄積能力の喪失を示さないことを実証した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To examine HSP70 (heat shock protein 70) expression in the brains of young (6 months) and old (25 months) rats exposed to high-power microwaves.

詳細情報

A method of rapid heating was used that has been shown to be a potent stimulus for Hsp70 expression in the CNS. Furthermore, a number of selected brain regions was examined in order to perform a more complete survey of the Hsp70 response.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.06 GHz
ばく露時間: 30 s

ばく露1

主たる特性
周波数 2.06 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 30 s
Additional information khe-polarization.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Anechoic chamber (21.5-24°C, 50-60% humidity)
ばく露装置の詳細 rats placed in styrofoam restrainer with polyvinyl chloride head gate and plexiglass tail gate; the head gate was placed between the head and the neck so that the head of the rat extended outside the restrainer
Additional information head pointing towards antenna
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 2.2 W/cm² mean 測定値 - -
SAR 1.231 mW/g average over time - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results demonstrate that age does not dramatically influence the ability to the CNS to produce Hsp70 in response to hyperthermia. In some areas of the brain, age resulted in an attenuation of the heat shock response to hyperthermia, while in other areas of the brain no such age-related attenuation was present.

研究の種別:

研究助成