研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒト白血球機能と米国の無線周波放射ばく露に関する安全基準] med./bio.

Human leukocyte functions and the U.S. safety standard for exposure to radio-frequency radiation.

掲載誌: Science 1983; 220 (4594): 318-320

この研究は、ヒト単核白血球に、現行の公衆安全のために推奨されるエネルギー強度のマイクロ波ばく露を与え、その影響を調べた。その結果、最大4 mW/ mlまでのSARのマイクロ波ばく露では、白血球生存率または機能への影響は検出されなかった;この結果は再現性が高かった;白血球機能に関する限り、現行の安全基準の推奨が不適切であるという証拠は提供されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study effects of microwaves at energies relevant to current public safety recommendations on human mononuclear leukocytes.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 2 h
  • SAR: 0.5 mW/g minimum
  • SAR: 4 mW/g maximum

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 waveguide inside a water-jacketed CO2 incubator
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.5 mW/g minimum 計算値 - -
SAR 4 mW/g maximum 計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Exposure to microwaves (at SAR up to 4 mW/ml) resulted in no detectable effects on viability or on unstimulated or stimulated DNA, RNA, total protein, or interferon synthesis by human mononuclear leukocytes. The results were highly reproducible and provided no evidence that current safety standard recommendations are inappropriate.

研究の種別:

研究助成