研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[急性マイクロ波ばく露後の若年および高齢ラットから摘出した心臓血管組織のノルアドレナリン神経支配および受容体応答] med./bio.

Noradrenergic innervation and receptor responses of cardiovascular tissues from young and aged rats after acute microwave exposure.

掲載誌: Int J Neurosci 1994; 76 (3-4): 165-175

この研究は、若齢および老齢ラットに45分間の2.45 GHzマイクロ波ばく露を与え、ノルアドレナリン作用のパターンならびに心臓のβ受容体および大動脈のα受容体の機能に対するばく露の影響を調べた。その結果、若齢ラットでは、ノルアドレナリン神経支配の増加が観察されたが、機能の変化は見られなかった;老齢ラットでは、ノルアドレナリン神経支配の増加は若齢ラットのものとほぼ同じであったが、機能応答に有意な変動が見られた;心房レベルおよび心室レベルでは、β-アゴニストであるイソプレナリンに対する反応は、それらの親和性の指標においては変化なく、最大反応において顕著な低下が見られた; 対照的に、大動脈αアドレナリン受容体に対するノルアドレナリンの活性は、pD2値(親和性を表す)に変化なく、最大反応において大きな増加を示した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To characterize the influence of short-term microwave exposure (2.450 GHz) on the noradrenergic pattern and β-cardiac and α-aortic receptional functions of the rat cardiovascular system.

詳細情報

Young and senescent rats were exposed for 45'.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
ばく露時間: 45 min

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 45 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
ばく露装置の詳細 Rats were restrained in a perspex cylindrical box / 62-69 mm in diameter and 230 mm long.
Additional information Control rats were restrained in the same box but not exposed.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 410 W/m² unspecified 測定値 unspecified -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

In young and senescent animals, an increase in noradrenergic innervation was observed. Functional modification was shown in sensescent rats, but not in young rats. The results suggest that the predominant effect of microwave exposure consists in an increase in the noradrenergic pattern, and this effect is not related to the functional modifications.

研究の種別:

研究助成