研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (実際的研究)

[電磁界に関するリスク認知、身体化、苦痛の自己申告:無作為的調査研究] risk

Risk perception, somatization, and self report of complaints related to electromagnetic fields - a randomized survey study.

掲載誌: Int J Hyg Environ Health 2002; 205 (5): 353-360

EMFへのばく露、EMFに関連する苦情が、過去数十年で増加してきた。しかし、これらの苦情が電磁界と関連しているか他の身体的問題に関係しているか、メディアでの電磁界議論に関係するかどうかなどはっきりしていない。電磁界の苦情に関する一般の人々の認識はどの程度なのだろうか。その影響は、どこからきているのか。この電磁界に関連する苦情の報告は、認知的な要因によるのであろうか。これらの疑問に答えるために、3つの認知要因についてランダムな調査が行われた。予測したように、EMF関連の苦情は、女性が多く、身体的苦痛に関することが多い。年齢は電磁界苦痛とは関係なかった。脅威への認知が大きく影響していた。将来の研究は、心理的な影響を考慮すべきである。また、社会的認識について、リスクコミュニケーションも取り入れるべきである。

リスク認知

影響評価項目

ばく露

調査対象集団

340 residents of Regensburg, Germany took part in the survey with experimental intervation.

関連論文