研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ウサギにおける薬物によって誘導された高血圧に対する直流磁界への全身ばく露の抗血圧上昇効果] med./bio.

Anti-pressor effects of whole body exposure to static magnetic field on pharmacologically induced hypertension in conscious rabbits.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2003; 24 (2): 139-147

この研究は、意識のあるウサギに薬理学的に誘導した高血圧症への静磁界SMF全身ばく露の急性影響を調べた。高血圧および血管収縮作用は、ノルエピネフリン(NE)または非選択的一酸化窒素合成酵素NOS)阻害剤であるN(オメガ)-ニトロ-l-アルギニンメチルエステル(l-NAME)を用いて誘導した。耳朶の中心動脈血行動態を、透過型マイクロ光電プレチスモグラフィ(MPPG)を用いて連続測定し、分析した。同時に、MPPG測定に用いた耳とは反対側の中心動脈血圧BP)の変化を監視した。磁束密度は5.5 mT(Bmax)であり、磁界勾配は喉の位置でピークとなり、その大きさは約0.09 mT / mmであった。ばく露時間は30分であった。その結果、薬剤処置なしの正常な生理学的条件下においては、SMFばく露擬似ばく露の間に、血行動態およびBPの変化に有意差はなかった;薬理学的に誘導された高血圧条件下においては、頸動脈圧受容器の位置で磁界勾配がピークとなる非一様なSMFへの全身ばく露は、血管収縮を有意に減弱させ、BPの上昇を抑制した;これらの知見は、NEまたはl-NAMEが誘発する高い血管緊張下の血行動態に対するSMFの抗血圧上昇効果は、部分的には、NOS活性変化も関連したNEを介する応答の調節に依存し、それによりBPも調節されることを示唆している、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of static magnetic field exposure on pharmacologically induced hypertension in rabbits.

詳細情報

Hypertensive and vasoconstrictive actions were induced by L-NAME (a nonselective NOS inhibitor) or norepinephrine.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 30 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • electromagnetic device composed of one pair of dough nut shaped annular electromagnets
ばく露装置の詳細 rabbit was placed in a holder which was set into the annular electromagnet.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 50 µT unspecified 推定値 - geomagnetic field at the laboratory
磁束密度 500 µT peak 測定値 - to 4.0 mT; in the head
磁束密度 1 mT peak 測定値 - to 4.0 mT; in the throat
磁束密度 1 mT maximum 測定値 - in the ear lobe
磁束密度 5 mT peak 測定値 - to 5.5 mT; in the trunk

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Without treatment of pharmacological agents, no statistically significant differences in the hemodynamics and blood pressure changes were observed between sham and static magnetic field (SMF) exposure.
Under pharmacologically induced hypertensive conditions, SMF exposure leads to significantly attenuated vasoconstriction and suppressed elevation of blood pressure.
No statistically significant changes in the vasoactive substances were found.

研究の種別:

研究助成

関連論文