研究状況の概観

Epidemiological studies on the effects of low and radio frequency on children

287研究
  1. 120研究
  2. 73研究
  3. 69研究
  4. 62研究
  5. 31研究
  6. 18研究
  7. 18研究

Other health effects

69研究
  1. 52研究
  2. 23研究
  3. 1
Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Redmayne M et al. 2013 横断的研究 小児, 10–14年 2009年6月-10月 ニュージーランド(ウェリントン地域) 頭痛、気分の落ち込み、睡眠障害、耳鳴り 携帯電話, 移動体通信システム, DECT, コードレス電話, W-LAN/WiFi, 個人用
Sudan M et al. 2013 コホート研究 小児, 0–7年 1996 - 2002 デンマーク 難聴 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Byun YH et al. 2013 コホート研究 小児, 8–11年 2005 - 2006、フォローアップ2009 - 2010 韓国(10都市にある27の小学校) 注意欠陥多動性障害(ADHD) 携帯電話, 移動体通信システム
Guxens M et al. 2013 コホート研究 小児, ≥ 5年 2003 - 2011 オランダ(アムステルダム) 行動学的問題 携帯電話, GSM, 移動体通信システム, コードレス電話, 個人用
Sudan M et al. 2012 コホート研究 小児, 子宮内の胎児, ≥ 7年 2010年4月まで デンマーク 偏頭痛、頭痛、頭痛関連症状(胃痛または病気) 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Divan HA et al. 2012 コホート研究 小児, 子宮内の胎児, 7年 01.12.2008 デンマーク 行動学的問題 移動体通信システム, 携帯電話, 個人用
Mortazavi SM et al. 2011 横断的研究 小児, 6–16年 not stated Iran headache, myalgia, palpitation, fatigue, tinnitus, concentration problems, attention problems, nervousness 携帯電話, 移動体通信システム, コードレス電話, PC/TVモニタ
Divan HA et al. 2011 コホート研究 小児, 0–7年 - デンマーク 運動、認知、言語のマイルストーンの発達の遅れ 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Buchner K et al. 2011 - 男性, 女性, 小児, 2–68年 2004年1月 - 2005年7月 ドイツ(リムバッハ) アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、フェニルエチルアミンの尿中レベル 移動体通信システム, 携帯電話基地局, GSM, 住宅環境の
Heinrich S et al. 2011 横断的研究 小児, 8–17年 2006 - 2007 ドイツ(オーバーバイエルンの4都市) 過去6か月間の慢性症状:頭痛、神経過敏、神経質、目まい、けん怠感、不安, 睡眠障害 携帯電話, デジタル携帯電話, 携帯電話基地局, GSM, UMTS, 移動体通信システム, RF電磁界, DECT, W-LAN/WiFi, 住宅環境の, 個人用