研究状況の概観

Epidemiological studies on mobile communications

328研究
  1. 120研究
  2. 99研究
  3. 91研究
  4. 47研究
  5. 17研究

Hypersensitivity/well-being/subjective complaints 91研究

Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Heinrich S et al. 2010 横断的研究 小児, 8–17年 2006 - 2007 ドイツ(ミュンヘン、アウグスブルク、ローゼンハイム、ランツベルク) 頭痛、神経過敏、緊張、目まい、けん怠感、集中困難 携帯電話, 携帯電話基地局, GSM, UMTS, 移動体通信システム, RF電磁界, DECT, W-LAN/WiFi, 住宅環境の, 個人用
Hocking B 1998 サーベイ 男性, 女性 1996 オーストラリア 頭蓋の症状、神経症状、非定型の症状、腰の症状 移動体通信システム, アナログ携帯電話, デジタル携帯電話, 個人用
Huang PC et al. 2018 - - - - - 移動体通信システム, 携帯電話, 携帯電話基地局, 磁界, 50/60 Hz (AC), 送電線, EMF全般
Huss A et al. 2015 コホート研究 小児, 6–8年 2003 - 2011 The Netherlands sleep-onset delay, sleep duration, night wakening, parasomnia, daytime sleepiness 携帯電話, 携帯電話基地局, GSM, UMTS, 移動体通信システム, コードレス電話, W-LAN/WiFi, 住宅環境の, 個人用
Hutter HP et al. 2010 症例対照研究 男性, 女性, 16–80年 2003年11月 - 2004年11月 オーストリア(ウィーン) 耳鳴り 移動体通信システム, 携帯電話, 個人用
Islam SMS 2014 横断的研究 男性, 女性, ≥ 18年 2009 Bangladesh headache, dizziness, mood change, anxiety, depression and palpitation, 睡眠障害 携帯電話基地局, 移動体通信システム, 住宅環境の
Johansson A et al. 2010 横断的研究 男性, 女性 2005年12月 - 2006年4月 スウェーデン 睡眠障害, 目まい、不快感、集中、記憶障害、けん怠感、頭痛、耳の後ろ/見身のまわりでの温感、耳の温感、皮膚の灼熱感、チクチク/圧迫感、耳鳴り、しびれ, 不安、抑うつ、身体化、疲労、ストレス 携帯電話, 移動体通信システム, 磁界, 50/60 Hz (AC), PC/TVモニタ, その他の家庭電気機器, 個人用
Kacprzyk A et al. 2021 - - - - - 移動体通信システム, 携帯電話, 携帯電話基地局, コードレス電話, W-LAN/WiFi, マイクロ波, 電子レンジ/加熱装置, 送電線, IH調理器, ノートパソコン(またはノートPC)/タブレット端末(またはタブレットPC), audio/video dev.
Kato Y et al. 2012 サーベイ 男性, 女性, 19–81年 2009年6月 - 10月 日本 睡眠障害, 43の症状、例:頭痛、けん怠感、集中困難、目まい、肩こりや腰痛、神経過敏、不安、皮膚の問題 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 携帯電話基地局, PHS, コードレス電話, 磁界, 50/60 Hz (AC), 送電線, IH調理器, その他の家庭電気機器, MRI, 住宅環境の, 個人用, therapeutic/medical device
Khan MM 2008 サーベイ 男性, 女性 示されず サウジアラビア王国(キング・サウード大学医学部解剖学科、リヤド) 慢性頭痛、集中困難、記憶障害、けん怠感、聴力の問題、皮膚病、耳の周囲の温感, 不眠, 自身で割当てた健康状態、携帯電話使用と症状との関連 移動体通信システム, 携帯電話, 個人用