研究状況の概観

Epidemiological studies on mobile communications

328研究
  1. 120研究
  2. 99研究
  3. 91研究
  4. 47研究
  5. 17研究

Hypersensitivity/well-being/subjective complaints 91研究

Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Guxens M et al. 2013 コホート研究 小児, ≥ 5年 2003 - 2011 オランダ(アムステルダム) 行動学的問題 携帯電話, GSM, 移動体通信システム, コードレス電話, 個人用
Korpinen LH et al. 2009 サーベイ 男性, 女性, 18–65年 01.10.2002 フィンランド 複数の関節及び背中の痛み, 睡眠障害, 自己申告の身体症状:頭痛、耳の痛み、温感、皮膚症状, 抑うつ、職場での消耗、物質嗜癖、不安や恐怖の状況 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Balik HH et al. 2005 サーベイ 男性, 女性 示されず トルコ(エラズー) 視覚のぼやけ、目の赤み、視覚障害、目の分泌物、目の炎症、目の流涙 移動体通信システム, 携帯電話, 個人用
Heinrich S et al. 2011 横断的研究 小児, 8–17年 2006 - 2007 ドイツ(オーバーバイエルンの4都市) 過去6か月間の慢性症状:頭痛、神経過敏、神経質、目まい、けん怠感、不安, 睡眠障害 携帯電話, デジタル携帯電話, 携帯電話基地局, GSM, UMTS, 移動体通信システム, RF電磁界, DECT, W-LAN/WiFi, 住宅環境の, 個人用
Tseng MMC et al. 2011 横断的研究 男性, ≥ 18年 01.08.2007 台湾 過敏症 移動体通信システム, 携帯電話, 携帯電話基地局, 50/60 Hz (AC), 送電線, EMF全般
Augner C et al. 2009 サーベイ 男性, 女性, 18–67年 示されず オーストリア 過敏症, 電磁界関連の懸念;アルファ‐アミラーゼ、コルチゾル、免疫グロブリンA、P物質の生物学的パラメータ 携帯電話基地局, 移動体通信システム, 住宅環境の
Sudan M et al. 2013 コホート研究 小児, 0–7年 1996 - 2002 デンマーク 難聴 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Frei P et al. 2012 コホート研究, 前向きコホート研究 男性, 女性, 30–60年 2008、フォローアップ2009 スイス(バーゼル地域) 非特異的な健康症状(例:頭痛、けん怠感、食欲減退、活力または集中力の欠如)及び耳鳴り 移動体通信システム, 携帯電話, 携帯電話基地局, DECT, コードレス電話, W-LAN/WiFi, ラジオ/TV送信機, 個人用
Baliatsas C et al. 2011 横断的研究 男性, 女性, ≥ 18年 2006 オランダ 非特異的な身体症状 携帯電話基地局, 移動体通信システム, 送電線, 住宅環境の
Chu MK et al. 2011 横断的研究 男性, 女性, 21–25年 2005 韓国(春川市) 頭痛 携帯電話, CDMA, 移動体通信システム, 個人用