研究状況の概観

Epidemiological studies on mobile communications

328研究
  1. 120研究
  2. 99研究
  3. 91研究
  4. 47研究
  5. 17研究
Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Mortazavi SM et al. 2013 - 女性, 子宮内の胎児, newborns 示されず イラン(シラーズ) 出生時体重 携帯電話, 移動体通信システム, コードレス電話, PC/TVモニタ, 個人用, 非EMF
Söderqvist F et al. 2012 横断的研究 男性, 女性, 18–65年 2007 スウェーデン(オレブロ) 血清βトレースタンパク質の血中濃度 携帯電話, 移動体通信システム, コードレス電話, 個人用
Divan HA et al. 2011 コホート研究 小児, 0–7年 - デンマーク 運動、認知、言語のマイルストーンの発達の遅れ 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Poulsen AH et al. 2012 コホート研究 男性, 女性, ≥ 18年 1987 - 2004 デンマーク 多発性硬化症 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Ros-Llor I et al. 2012 コホート研究 男性, 女性, 20–39年 示されず スペイン 口腔粘膜細胞のDNA損傷及び細胞質分裂の血管(小核及び二核細胞)、増殖、細胞死 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Zhang G et al. 2016 コホート研究 男性, 20–22年 2013, follow-up 2014 and 2015 China semen parameters 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Radwan M et al. 2016 - 男性, 22–45年 2008 - 2011 Poland sperm damage (DNA fragmentation) 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Bergamaschi A et al. 2004 横断的研究 男性, 女性, 21–35年 not stated Italy thyroid function 携帯電話, 移動体通信システム, 職業的, 個人用
Wang Z et al. 2016 横断的研究 男性, 22–60年 August 2010 - September 2010 China plasma hormones (testosterone, estradiol and melatonin) and inflammatory pathway biomarkers (NF-kB, HSP70, HSP27 and TET1) 携帯電話, 移動体通信システム, 電界, 磁界, 50/60 Hz (AC), 変電所, 職業的, 住宅環境の, 個人用
Jurewicz J et al. 2014 横断的研究 男性, 22–57年 not stated Poland semen quality 携帯電話, 移動体通信システム, 非EMF