研究状況の概観

Epidemiological studies on mobile communications

341研究
  1. 124研究
  2. 103研究
  3. 96研究
  4. 48研究
  5. 17研究
Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Redmayne M et al. 2013 横断的研究 小児, 10–14年 2009年6月-10月 ニュージーランド(ウェリントン地域) 頭痛、気分の落ち込み、睡眠障害、耳鳴り 携帯電話, 移動体通信システム, DECT, コードレス電話, W-LAN/WiFi, 個人用
Redmayne M et al. 2016 コホート研究 小児, 8–11年 2011 Australia cognitive function (signal detection, working memory, learning, Stroop test) 携帯電話, 移動体通信システム, コードレス電話
Ros-Llor I et al. 2012 コホート研究 男性, 女性, 20–39年 示されず スペイン 口腔粘膜細胞のDNA損傷及び細胞質分裂の血管(小核及び二核細胞)、増殖、細胞死 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Rothman KJ et al. 1996 コホート研究 男性, 女性 1994 米国(ボストン、シカゴ、ダラス及びワシントンDCの都市部) 死亡率 移動体通信システム, アナログ携帯電話, 個人用
Saravi FD 2011 横断的研究 男性 示されず アルゼンチン 左右の臀部の骨の無機質化 移動体通信システム, 携帯電話, 個人用
Schauer I et al. 2018 - 男性 - - sperm concentration, motility, and morphology, testosterone, luteinizing hormone and follicle stimulating hormone levels 移動体通信システム, 携帯電話, アナログ携帯電話, デジタル携帯電話
Schoeni A et al. 2015 コホート研究 小児, 12–17年 2012 - 2014 Switzerland memory performance (verbal and figural memory) 携帯電話, 携帯電話基地局, GSM, UMTS, 移動体通信システム, コードレス電話, W-LAN/WiFi, ラジオ/TV送信機
Schüz J et al. 2007 コホート研究 男性, 女性, ≥ 18年 1982年1月 - 1995年12月、2003年を通じてフォローアップ デンマーク アルツハイマー病、認知症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、てんかん, 偏頭痛、空間識失調 移動体通信システム, アナログ携帯電話, デジタル携帯電話, 個人用
Shi X et al. 2018 - 男性 - - semen quality 携帯電話, 移動体通信システム
Singh K et al. 2016 横断的研究, 予備的研究 男性, 女性, ≥ 18年 2013 India hypertension, headache, dizziness, 睡眠障害, salivary function (unstimulated and stimulated salivary flow rates, level of hydration, saliva consistency and pH) 携帯電話基地局, 移動体通信システム, 住宅環境の