研究状況の概観

Epidemiological studies on power frequency fields (50/60 Hz)

509研究
  1. 97研究
  2. 82研究
  3. 79研究
  4. 78研究
  5. 64研究
  6. 60研究
  7. 60研究
  8. 59研究
  9. 59研究
  10. 30研究
Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Svendsen AL et al. 2007 コホート研究 小児, 1–14年 1988年7月 - 1993年6月(ニーダーザクセン)、1991年1月 - 1994年9月(ベルリン)、1990年1月 - 1994年9月(ドイツ西部) ドイツ西部(ニーダーザクセン、ベルリン) 急性リンパ芽球性白血病 磁界, 50/60 Hz (AC), 送電線, 住宅環境の
Sohrabi MR et al. 2010 症例対照研究 小児, 0–18年 2009年1月 - 2009年5月 イラン(テヘラン) 急性リンパ芽球性白血病 磁界, 50/60 Hz (AC), 送電線, 住宅環境の
Malagoli C et al. 2010 症例対照研究 小児, 0–13年 1986 - 2007 イタリア(モデナ及びレッジョ・エミリアの自治体) 急性リンパ芽球性白血病、全ての種類の白血病, リンパ及び造血組織の全ての悪性新生物 磁界, 50/60 Hz (AC), 送電線, 住宅環境の
UK Childhood Cancer Study Investigators 1999 症例対照研究 小児, 0–14年 スコットランドで1991年1月-1994年12月、ウェールズ及びイングランドで1992年4月-1994年12月、白血病及び非ホジキンリンパ腫について1995年、白血病について1996年 英国(イングランド、スコットランド、ウェールズ) 急性リンパ芽球性白血病、白血病全体, 中枢神経系のがん, その他の悪性疾患 磁界, 50/60 Hz (AC), 送電線, 屋内配線, 住宅環境の
UK Childhood Cancer Study Investigators 2000 症例対照研究 小児, 0–14年 スコットランドで1991年1月-1994年12月、ウェールズ及びイングランドで1992年4月-1994年12月、白血病及び非ホジキンリンパ腫について1995年、白血病について1996年 英国(イングランド、スコットランド、ウェールズ) 急性リンパ芽球性白血病、白血病全体, 中枢神経系のがん, その他の悪性疾患 磁界, 50/60 Hz (AC), 送電線, 住宅環境の
Foliart DE et al. 2006 コホート研究, 前向きコホート研究 小児, 1–15年 1996年9月 - 2001年1月;イベントフリーの追跡期間は2004年12月まで 米国 急性リンパ芽球性白血病(ALL) 磁界, 50/60 Hz (AC), 屋内配線, 住宅環境の
Kabuto M et al. 2006 症例対照研究 小児, 0–15年 1999-2001 日本(東京、名古屋、京都、大阪、北九州の大都市部) 急性リンパ芽球性白血病(ALL)及び急性骨髄性白血病(AML) 磁界, 50/60 Hz (AC), 送電線, 住宅環境の
Mejia-Arangure JM et al. 2007 症例対照研究 小児, 0–16年 1995 - 2003 メキシコ(メキシコシティ) 急性白血病 磁界, 50/60 Hz (AC), 送電線, 住宅環境の
Feizi AA et al. 2007 症例対照研究 小児, 0–14年 1998 - 2004 イラン、タブリーズ 急性白血病 磁界, 50/60 Hz (AC), 送電線, 住宅環境の
Rahman HIA et al. 2008 症例対照研究 小児, 0–14年 2001年1月 - 2007年5月 マレーシア(クラング・ヴァレー) 急性白血病 磁界, 50/60 Hz (AC), 送電線, 住宅環境の, 非EMF