ホーム

評価

(2016年4月時点の英文ウェブページの和訳です)

電界磁界および電磁界による潜在的な健康悪影響に関する最終の評価判定は、その資格を与えられた専門家委員会によって実施される時間のかかる困難なプロセスです。そのプロセスにおいて、特定の周
波数範囲、個々の影響評価項目について、全ての研究タイプ(イン・ビトロ、動物実験、疫学など; cf. の章)を収集し、それぞれの研究品質(例えば、ドシメトリ、研
究デザイン、サンプルサイズ、統計学など)、結果の再現性、他の研究との比較可能性に関する評価を行わなければなりません。そのような評価判定プロセスを実施する官庁および機関は、例えば、世界保
健機関(WHO)、国際がん研究機関IARC)または非電離放射線防護委員会(ICNIRP)であり、ドイツ国内では、ドイツ連邦環境・自然保護・原子力安全省
ドイツ放射線防護委員会(SSK)、またはドイツ連邦放射線防護局(BfS)になります。これらの機関はみな、電磁界の影響に関するさまざまの広範な報告書を提供しています。