ホーム

遺伝毒性

(2016年4月時点の英文ウェブページの和訳です)

超低周波電界および磁界によるDNA損傷誘導に関する研究の評価は、研究の対象や手法の数が非常に多いため、困難な作業です。大部分の研究において、遺伝毒性影響は見出されていません。国際非電>離放射線防護委員会(ICNIRP)は2010年の評価において、「超低周波電磁界の影響に関する細胞研究は、50 mT以下での遺伝毒性誘導を何も証明していない」と結論しています(ICNIRP (2010))。

遺伝毒性と50 Hzまたは60 Hz磁界ばく露に関する全ての研究の概観は、こちらで>ご覧になれます。

遺伝毒性と50 Hzまたは60 Hz電界ばく露に関する全ての研究の概観は、こちらでご覧に
なれます。