ホーム

体内植え込み装置

(2016年4月時点の英文ウェブページの和訳です)

能動的な植込み型医用装置(しばしば電子工学インプラントとも呼ばれます)は、一般的に電界および磁界による影響を受ける可能性があります。心臓植込み装置(例えば、ペースメーカおよび心臓除細動
装置)の場合、どのような電磁干渉であっても命に係わる結果をもたらす可能性があります。電磁干渉の発生確率は、主に電界および磁界の強さで決定されます。ペースメーカおよび植込み型心臓除細動
置の装着者を防護するために、ドイツでは、電磁干渉の発生確率を評価するための試験法および手法を規定したさまざまな基準があります。DIN 50527-2-1の付属書Fは、"高電圧電力線ペースメーカ
の間の電磁干渉は、採用されている感度設定のほとんどにおいて排除されている。例外は、最高感度に設定された単極式ペースメーカである"と述べています。しかし今日、単極式装置はもはや使用さ
れていません。この結果は、アーヘン工科大学の生体電磁気学相互作用研究センター(femu)でのペースメーカおよび植込み型心臓除細動装置に関する研究によって確認されました。Femuは、関心のある植込み装置使用者に、その人が装着している装>置の電界および磁界による電磁干渉への耐性の検査を提供しています。