ホーム

メラトニン分泌

(2016年4月時点の英文ウェブページの和訳です)

メラトニンホルモンの一種で、脳の松果体合成されます。特に夜間、網膜に光が届いていない時に分泌されます。メラトニンはその濃度の変動によって、ヒトおよび動物の日周リズムを調節します。日
中は血中メラトニン濃度が低く、夜間は濃度が高くなります。メラトニン濃度は、年齢が上がるにつれて低下し、また、個人間でかなり大きく変動します。メラトニンは、効果的な内因性ラジカルスカベン
ジャーです。

ドイツ放射線防護委員会(SSK)は2001年の推奨"電磁界からの一般公衆防護のための閾値お
よびプレコーション"
において、「これまでの研究は、動物実験での非常に不明確な結果を提出しているが、ヒトの健康への有害な影響に関する証拠はない」と結論しています。SSKは、このトピ>ックにおける未解明の問題の答えが得られるように設計された研究を推奨しています。Halgamuge (2013)による最新の科学的レビューでは、電力周波(50/60 Hz)の電界および磁界の影響に関する100件以上の研究を評価し、「さまざまな実験室による研究は不明確な結果を提出しており、より一層の研究、特に長期影響に関する研究の必要性がある」と結論しました。>国際非電離放射線防護委員会ICNIRP)は、2010年の健康に関する超低周波電磁界の影響の評価の中で、「50 Hz/60 Hzの電界または磁界へのばく露に、神経内分泌>系、特にメラトニン分泌への有害な影響はない」ことを確認しています。