ホーム

原因

(2016年9月時点の英文ウェブページの和訳です)
電撃傷は、民間部門においては、欠陥のある家庭用電化製品の使用、電力線との意図的ではない接触(例:凧揚げ)、電気設備の非専門家による取り扱いによって起こる可能性があります。

職業的電撃傷は、例えば、電気装置および電力線の保守および設置作業中に起こる可能性があります。

電撃傷は、さまざまな発生源および現象によって引き起こされます: