ホーム

傷害が現れるまでの時間

(2016年9月時点の英文ウェブページの和訳です)
電撃傷の影響は、急性的に、または遅発的に現れる可能性があります。急性的(数時間または数日以内)に現れる傷害の例は、熱傷、壊死不整脈けいれん、および運動および感覚の障害です。遅発性傷害の主なものは、神経障害、白内障抑うつ、および神経心理学的帰結である行動学的変化、集中困難、不安などです。このような遅発性の影響は、電撃傷の数ヶ月後、あるいは数年後にさえ現れる可能性があります。その場合、治療に当たる内科医は、それらの症状と昔の電撃傷との結びつきを明確化しなければならないため、それらを電撃傷の1つの帰結と診断することは難しいものです。