ホーム

リスク管理

(2016年3月時点の英文ウェブページの和訳です)

リスク管理は、公衆の健康を保護し、公衆の懸念に注意を払うためのリスクの最小化および調整における政策決定と規制実施からなります。政府による法律制定では、科学的な結果を考慮した推奨に基づき法律が制定されます。その上で、プレコーション的原則にしたがって、プレコーションが適用されます。

プレコーション的原則

プレコーション的原則に唯一無二の定義はありません。欧州委員会によれば、以下のように規定されます。
「プレコーション的原則は、ヒト、動物または植物健康への危害可能性に直面した場合に、あるいは環境を保護するために、迅速な対応を可能にします。特に、科学的データに基づいてリスクを完全には評価できない状況においては、有害である可能性が高い製品の拡散を止めるため、または市場からの回収を命令するために、例えばこの原則を頼みとして使用することも許されます。」

ドイツでは、連邦放射線防護局(BfS)が、26th BImSchV (ばく露制限)の限度値とは別に、電磁界への公衆ばく露を最小化するために、プレコーション的措置に関する推奨を作成しています。その助言の中には、ばく露発生源から距離をとること、ばく露時間を短くすること、エミッション低減装置を使用することなど、個人の行動パターンが含まれています。