ホーム

IH調理器

IH調理器では、調理のための熱は鍋の底に直接発生し、従来のコンロのように調理ゾーンから鍋へ熱が伝導するのではありません。IH調理器の調理ゾーン下のコイルが鍋に熱を発生させるのです。まず、これらのコイルを流れる交流電流(20 - 100 kHz)が磁界を発生させます。その磁界は、調理器のセラミックカバーや調理ゾーンの上の鍋の底を妨げられることなく貫通します。鍋の導電性のある底部に磁界が環状電流を生成し(渦電流)、この電流が鍋の中の物を加熱します。この原理を誘導と呼びます。鍋は強磁性体材料で作られています。この材料中で、磁界は内部摩擦による追加的な発熱も起こします。IH調理器の代表的測定値は、ばく露発生源データベースで見ることができます。
一口のIH調理プレート
写真:Pic p ter、ライセンス:CC BY-SA 3.0, Wikimedia Commonsより