ホーム

人工的な中間周波電磁界

パワーエレクトロニクスでの革新と応用拡大により、日常生活中での人体ばく露において中間周波の重要性が増しています。代表的なばく露発生源は、IH調理器、電子的物品監視システム、近距離無線通信装置、電気自動車用の無線充電または変換システムです。それに加えて、多くの多様な応用が、医学(例:MRI神経刺激装置、電気メス装置)または工業(例:誘導加熱装置)でなされています。
左:TUブラウンシュヴァイクのアマチュア無線アンテナ、右:部材の誘導加熱
左写真:Jens Schüür, DG6XU、ライセンス: CC BY-SA 3.0), 右写真: Viperch~commonswiki/Plustherm Point GmbH、ライセンス: CC BY-SA 3.0, どちらもWikimedia Commonsより