ホーム

自然環境における中間周波電磁界

自然環境中での中間周波電磁界は、主にいわゆる空電に伴って発生します。空電は広帯域の電磁インパルスであり、自然発生する落雷放電の結果として地球大気中で発生します。竜巻も空電の発生源になります。空電は、数kHzから数10 kHzの範囲になることがあります(3-100 kHz)。
雲から雲への雷
写真:André Karwath aka Aka、ライセンス: CC BY-SA 2.5, Wikimedia Commonsより