ホーム

電気自動車の無線充電

電気自動車の無線充電は2つの異なる技術によって行われます:
  1. 誘導電力伝送(IPT)の場合、1個ずつの1次コイルと2次コイル、それから整流器が必要です。1次コイルは、車体の下の地表面に置かれ、交流が給電されます。発生した交流磁界により、車体の底部に設置されている2次コイル交流電圧誘導されます。整流器でAC電力をDC電力へ変換して蓄電されます。時には、電力伝送の効率を高めるために車底を下げる必要があります。
  2. 磁界共振結合(MRC)の場合、コイルは2個ではなく4個必要です。1対ずつの2組のコイルは、車体の底部と内部に置かれ、それぞれの組の一回巻き外側コイル振動電流により共振し合い、その結果として振動磁界を発生させ、その振動磁界がそれぞれの多数回巻き内部コイル電圧誘導します。この方式では、無線充電プロセスがコイル直径の10倍の距離まで達成可能です。
東京モーターショー2011における駐車中の無線充電のデモンストレーション
写真:NJo、ライセンス:CC BY-SA 3.0, Wikimedia Commonsより