ホーム

電力ネットワーク

電流はさまざまな電圧で伝送されます。理論的には、同量の電気エネルギーを高電圧電流でも低電圧電流でも送ることが可能です。しかし実際の運用では電圧電流の比が重要です。導体の抵抗により生じる電力損は、電流を少なくすることで低下できます。

220 kVおよび380 kVの電圧を用いる高電圧システムは、長距離の電力の伝送および分配に用いられます。最大380 kVの交流電圧電力損を低減するために発電されます。HVDC電力線は将来用いられるかも知れません。ドイツでは、電力供給会社の全ての最高電圧ネットワークがドイツ連系電力システムを形成しています。ドイツの送電は欧州超高電圧システムに組み込まれており、このシステムは欧州内の隣国間での電力供給に備えています。

110 kVの電圧を用いる高電圧システムは、最高電圧変電所電流を、工場、大都市圏など電量消費の多い地域および鉄道交通へ送電します。

10 kVから50 kVの電圧を用いる中電圧システムは、主に田園地域で地域コミュニティおよび地元商業に電力を供給するためのより細かな送電を提供します。

230 Vおよび400 Vの電圧を用いる低電圧システムは、電流を個人の住宅および工場に送電します。このネットワークでは、大部分が地下ケーブルを用いています。

典型的な測定値は、ばく露発生源データベースで見ることができます。