ホーム

電子レンジ

家庭の電子レンジでは、食品加熱のために2.45 GHz の周波数を使用します。同じような周波数の電磁界携帯電話UMTS)およびWiFi機器でも使用されていますが、この場合には非常に低いエネルギー(約4000分の1)を用いています。電子レンジでは、マイクロ波が食品に吸収され、そこで分子(特に水分子)に振動を起こさせます。その摩擦エネルギーで食品が加熱されます。電磁界電子レンジの筐体を通り抜けません。外部に対し、筐体は、覗き窓も含めて金属製のシートや網で遮蔽されています。安全のために、ドアを開けると自動的に電力供給のスイッチが切れます。通常の条件下で、非常に僅かな程度、電磁界が漏洩することがあります。このような場合、それはドアの隙間近辺からと思われます。ドアのシールが不良またはひどく汚れている場合、漏洩電磁界は増える可能性が高くなります。一般的に、覗き窓およびドアの隙間から数センチメートル離れれば、安全限度値は確実に守られます。

典型的な測定値は、ばく露発生源データベースで見ることができます。
一般的な電子レンジ
写真:Hedwig von Ebbel、ライセンス:公有、Wikimedia Commonsより