ホーム

その他のばく露発生源

多くのその他の機器が、強度の違いがあるにしても、無線周波範囲の電磁界を発生します。以下のその例を示します。
左:WLANルータ、中央:携帯電話用ブルートゥース・ヘッドセット、右:赤ちゃん監視モニタ
左図:Hans Meyer、ライセンス:公有、中図:ed g2s、ライセンス:CC BY-SA 3.0, 右図:Cschirp、ライセンス:CC BY-SA 3.0, 全てWikimedia Commonsより
これらの機器および多くの他のばく露発生源に関する典型的な測定値の情報は、ばく露発生源データベースにおいて提供されています。その他の、日常生活で用いる一般的な機器(例えば、無線サーモメータ、無線ヘッドホン、無線警報システム、リモートスイッチ、模型製作でのリモートコントロールなど)にはISMバンド(産業科学医療バンド)が割り当てられています。ISMバンドは、9 kHz - 246 GHzの周波数範囲において免許無しで使用できる多くのさまざまな周波数帯を含んでいます(資料元:ITU)。