ホーム

人工的な静電磁界

自然の静電界および静磁界 (自然の静電磁界)の他に、技術応用により人工的に発生させられた静電磁界があります。静電磁界はその極性が不変、または変化するとしても非常にゆっくりであるため、その周波数は0 Hzまたはほぼ0 Hz(< 0.1 Hz)です(概論 (周波数、波長、振幅))。技術的に発生させられた静電磁界は、例えば、公共交通(軌道式乗客輸送システム)、高電圧送電線高電圧直流電流(HVDC)))、または医療(MRI;MRI)に利用されています。これらは、永久磁石または電磁石を用いて発生させます。

永久磁石
永久磁石は、鉄、ニッケル、またはコバルトを成分とし、磁化されています。永久磁石は、例えば、拡声器、冷蔵庫用磁石、玩具、電気モータ、および多くの他の装置に使われています。
両極に鉄粉を引きつけている典型的な馬蹄形磁石
写真:Oguraclutch、ライセンス: CC BY-SA 3.0, Wikimedia Commonsより
電磁石
電磁石を用いると、磁界のオン、オフ切り替えが可能です(永久磁石と対照的に)。電磁石は鉄芯とその周囲に巻き付けられた電気コイルで構成されます。電磁石は、例えば磁気浮上列車、ドアロックスイッチシステムなどに利用されています。
超伝導磁石は、MRI (MRI)などに利用される極めて高い磁束密度の特別な電磁石です。
実験用の電磁石
写真:Antennamax、ライセンス:CC BY-SA 3.0, Wikimedia Commonsより