運営予算上の理由により、無線周波電磁界に関する新規文献情報の掲載を2017年11月27日より中断しております。大変ご不便をお掛けして申し訳ありません。適宜最新の状況をお知らせ致しますので、引き続きよろしくお願い致します。なお、電磁界情報センター(JEIC)の電磁界情報データベース(http://www.jeic-emf.jp/database.html)では、引き続き関連情報の検索が可能ですので、そちらをご活用下さい。
ホーム

参考レベル

電磁気学基本制限を超過する可能性があるか否かを決定するという実際的なばく露評価達成のために、参考レベルは提供されている。一部の参考レベルは、測定および/または計算技術を用いて関連する基本制限から導出されている。また一部は、EMFへのばく露の感知および間接的な有害影響に対処したものである。導出された物理量は、電界強度(E)、磁界強度(H)、磁束密度(B)、電力密度(S)、四肢を通過する電流 (IL)である。感知および他の間接影響に対処する物理量は、接触電流 (IC)、パルス電磁界に対する比エネルギー吸収(SA)である。どのような個別のばく露状況においても、これらの物理量のどれかの測定値または計算値を、適切な参考レベルと比較できるようになっている。参考レベルが遵守されていれば、基本制限の遵守は確保されることになる。