研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[電子レンジによる眼の熱作用] med./bio.

[Eye heating caused by microwave ovens]

掲載誌: Biomed Tech (Berl) 1993; 38 (1-2): 17-20

この研究は、眼に対する電子レンジリスクの有無を明らかにすることを目的に、最悪ケースとして、子供が電子レンジのドアにできる限り近づいて、レンジ内の加熱プロセスを覗いている状況について検討した。その結果、予想の通り、眼の加熱が観察されたが、この原因は、マイクロ波放射によるものではなく、主として従来的な加熱プロセスであった;電子レンジに備わる安全接触機能を無効化し、電子レンジのドアを開放して、散乱マイクロ波が増加した状態をシミュレートした場合に限って、有意なマイクロ波加熱が観察された;ドアを隙間が確認可能な幅(2.3 cm)で開けた場合、1時間の連続ばく露後における全体で5 ℃の温度上昇に対するマイクロ波の寄与は16 %未満であった;電子レンジの電源を自動的にオフにしない限界である最大幅(2.6 cm)においてさえ、15分間の連続ばく露による2 ℃の温度上昇への寄与は50 %であった;これらの結果に基づき、電子レンジの使用による眼の損傷は排除可能である、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects on eye heating caused by 2.45 GHz microwave oven exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
ばく露時間: continuous for 60 min
  • 電力密度: 200 mW/cm² unspecified (at a distance of 5 cm from the oven.)
ばく露2:
ばく露時間: continuous for 60 min
  • 電力密度: 200 W/m² unspecified (the gap of the door kept at 2.3 cm .)
  • 電力密度: 400 W/m² minimum (50 mW/cm² maximum value; just before automatic-switchoff with the gap of the door kept at 2.6 cm.)

ばく露1

主たる特性
ばく露時間 continuous for 60 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • mircowave oven
ばく露装置の詳細 The eyes were held by a PVC-holder outside the oven with the door kept close.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 200 mW/cm² unspecified 測定値 - at a distance of 5 cm from the oven.

ばく露2

主たる特性
ばく露時間 continuous for 60 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • mircowave oven
ばく露装置の詳細 The eyes were held by a PVC-holder outside the oven with the door kept open at gaps of 2.3 and 2.6 cm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 200 W/m² unspecified 測定値 - the gap of the door kept at 2.3 cm .
電力密度 400 W/m² minimum 測定値 - 50 mW/cm² maximum value; just before automatic-switchoff with the gap of the door kept at 2.6 cm.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • eye
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The findings exclude eye damage through the use of microwave ovens.

研究の種別:

研究助成