[生きた細胞におけるRFの非線形相互作用 II:スペクトルの固有の特徴の検出法] tech./dosim.

RF nonlinear interactions in living cells-II: Detection methods for spectral signatures.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2003; 24 (7): 483-488

この研究は、Q値の高い空洞共振器を用いて、生体試料への入射RF電磁界の非線形高調波成分を検出する方法を提案している。もし、RF電磁界が生体と非線形相互作用を起こすとしたら、その結果として、生体試料での散乱により超微弱な非線形高調波成分が出現するはずであるとの前提に立ち、その微弱な信号を空洞共振器で捉え、蓄積することにより、オープン環境での計測よりはるかに高い検出感度を実現したシステムを開発したと述べている。生物試料に入射させる電磁界振幅変調周波数とRF搬送波周波数、および生体試料の大きさを適切に選ぶことにより、民生用の装置で非常に高い感度 (約-90dBm)を達成できた;これを用いれば、入射電磁界の非線形相互作用がもし存在するとすれば、確認できるはずである、と報告している。