研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヘッドコイルを用いた高強度MR画像撮影で生じる角膜温の変化] med./bio.

Corneal temperature changes induced by high-field-strength MR imaging with a head coil.

掲載誌: Radiology 1988; 167 (3): 809-811

この研究は、1.5 T(64 MHz)イメージャーと送受信ヘッドコイルを使用したMRイメージングの直前と直後に、33人の患者の角膜温度を測定した。このMRイメージングにおいて推定されたピークSAR値は、2.54〜3.05 W/ kgの範囲であった。その結果、平均角膜温度はイメージングの前後で有意に上昇した(イメージング前32.7±0.7 °C、イメージング後33.2±0.5 °C);角膜温度の変化は、0.0 °Cから1.8 °C(平均0.5°C)の範囲であり、イメージング後に測定された最高角膜温度は34.4 °Cであった;動物モデルでは、無線周波誘発白内障眼の温度での発生閾値は、41 – 51 ℃とされている;今回実験したSARでヘッドコイルを使用した臨床MRイメージングは、角膜温度の比較的わずかな上昇を引き起こしたが、それが眼組織に熱的ハザードをもたらすとは考えられない、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine changes in corneal temperature that are associated with high-field-strength magnetic resonance imaging performed with a transmit/receive head coil at local SARs exceeding the level recommended by the FDA (U.S. Food and Drug Administration).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 64 MHz
ばく露時間: 2 min 40 sec.
ばく露2: 64 MHz
ばく露時間: 8 min 40 sec

General information

MRI experiment.

ばく露1

主たる特性
周波数 64 MHz
ばく露時間 2 min 40 sec.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 1.5 T superconducting magnet. MR imaging was preformed with a 28 cm open bore transmit/receive head
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2.54 mW/g minimum 計算値 unspecified to 3.05 W/kg.
磁束密度 1.5 T - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 64 MHz
ばく露時間 8 min 40 sec
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 1.5 T superconducting magnet. MR imaging was preformed with a 28 cm open bore transmit/receive head
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2.54 mW/g minimum 計算値 unspecified to 3.05 W/kg.
磁束密度 1.5 T - - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • eye
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

There was a statistically significant increase in the average corneal temperature (32.7°C +/- 0.7 before imaging, 33.2°C +/- 0.5 after). The changes in corneal temperature ranged from 0.0 °C to 1.8°C (mean, 0.5°C). The highest corneal temperature measured after imaging was 34.4°C. The authors conclude that clinical magnetic resonance imaging with use of a head coil at the SARs studied causes relatively minor increases in corneal temperature that do not seem to pose any thermal hazard to ocular tissue.

研究の種別:

研究助成