研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[血液細胞、心臓、内分泌、免疫系の機能に対する無線周波(RF)の影響] review

Radiofrequency (RF) effects on blood cells, cardiac, endocrine, and immunological functions.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2003; 24: S187-S195

この総説は、血液細胞および心臓、分泌、免疫の諸機能に対する無線周波RF電磁界の影響を要約している。主要点は、ACTH、GH、TSHに対するRFの影響は広く研究され、生殖ホルモン(FSH、LH)については一貫した研究がある。これらの研究で確認された影響は明らかに熱によって生じるものであり、霊長類を含めた哺乳類での影響の閾値は確立している;RFと松果体の間に相互作用がないこと、または下垂体からのプロラクチンに対する影響に関しては証拠が限定的である;血液細胞へのRFばく露研究では、熱以外の細胞影響は生じないことが示されている;白血球の方が赤血球より感受性が高いが、白血球に見られた影響は一貫して通常の生理的反応の範囲であった;RFの生涯ばく露動物研究では、内分泌血液免疫系での蓄積的な健康悪影響は無かった;心臓血管系組織は、顕著な熱作用または電流がない限り、直接的に悪い影響を受けない;血圧調節は、日常の携帯電話使用時に遭遇するレベルのUHFの影響を受けない、などである。