[心拍のモニタリングによる静磁界がラットの脳機能にもたらす影響] med./bio.

Static magnetic field influence on rat brain function detected by heart rate monitoring.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2004; 25 (3): 211-215

この研究の目的は、静磁界SMF)が、特に心拍および心律動など、自律神経機能を制御するラットの脳構造に対する影響を明らかにすることであった。実験は、ケタミン-キシラジンで麻痺した44匹のウィスターラットで行った。SMFは両側頭骨固定したサマリウムコバルト溶融磁石(20×20×10mmサイズ)によって発生させ、頭部での磁界強度は100mTであった。磁界は15分間加えた。四肢誘導IIから心電図を記録し、心拍数と心律動をSMF印加前後に分析した。SMFによって誘導された心拍数と心律動ともに80%のラットで見られた;主な効果は除脈および呼吸性洞性不整脈の消失であった。しかし、大規模な測定でのSMFの効果は脳の自律神経中枢の機能的な特異性および機能活性に依存している。