研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[米国建設業界に1982-1987年の間働いていた電気作業員の死亡パターン] epidem.

Mortality patterns among electrical workers employed in the U.S. construction industry, 1982-1987.

掲載誌: Am J Ind Med 1999; 36 (6): 630-637

電気製造業で働いている人は測定のがんにかかると報告されているが、建設業の電気作業員に対する研究は行われれていない。そのため、1982-1987年に米国で建設業で働いて死亡した31068名の死亡パターンを調査した。その結果、NIOSHと比較すると、死亡率が高かった。白血病(PMR=115)、脳腫瘍(PMR=136)の過度の死亡率電力産業での作業員として勤めている職業ばく露の結果と似ていた。黒色腫皮膚がんによる死亡率(PMR=123)はPCBばく露のヒトと似ていた。PMRの著しい増加がアスベスト作業員に見られた。肺がん(PMR=117)、アスベスト(PMR=247)、電気事故(PMR=1180)、筋肉骨格系(PMR=130)、自殺(PMR=130)、前立腺がん(PMR=356)も統計的に大きな数値であった。結論として危険な職業の過度の死亡率を避けるために、職業的ばく露と過去の評価をさらに調べる必要がある。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露